fc2ブログ
2009_09
29
(Tue)18:01

『会えてよかった』

『会えてよかった』


君が私をわかる頃
もぅココには居ないかもしれない...


共に過ごした夏の日が
君の記憶にメモられてるとは
とても 期待はできないけれど...

  一点のクモリもないその瞳を、

  世の中を一掃してしまいそうなその笑顔を、

  私がズッと覚えているから...

日一日の 確かな成長を
こっそりかげから見守ってるだけの
              無力な存在でも
君のわずかな “プラス1” になれば
私にとって この上ないハッピー!!

可愛いえくぼのプクプクおてては
これから一体
何を選び 何をつかみとっていくのかな?



たくさんの愛を受け
どうか幸せに生きて欲しい...

君をこの世に送り出してくれた
パパとママへの感謝を いつも忘れずにね...

916-kaigara.jpg
スポンサーサイト



2009_05
19
(Tue)06:00

『会いたくて恋しくて』

『会いたくて 恋しくて』

  今日も君に会いたくて
  君の声が聞きたくて

  おさえきれないこの気持ち
 
  もっと君を感じたい
 
  その黒髪も 小さな肩も
  僕だけのものだと信じていいよね

  今にもこわれそうな君なのに
  僕を想って泣いてくれる
  「何もできない...」っと謝る君を
  かけがえのない人と確信するよ

     君をおいて帰れない
     また会えるのに帰りたくない

   もう一度 君を この手に抱きしめて...

               愛してる…  愛してる…


                             2004.11.13書
2009_05
18
(Mon)18:18

『Clover』

『Clover』

 過去じゃなく はるか遠い未来でもなく
   今 この瞬間(トキ)を
   あなたと共に生きている

     知らずにいたって 誰も傷つかない事に気づいたり...
     何か自分にできる事はないかと考えてみたり...

 真正面から仕事に立ち向かう
       ピンッと伸びた背中や
 強いやさしさで微笑むあったかさに
  
           どうしようもなく惹かれてゆく

     気持ちが 前かがみしてる日も
     つま先に寂しさが積もって 歩けない日も
  “少し休んで、もうちょっとだけ頑張ってみよう!”っと思う

          せっかちな毎日のなか
         忘れかけてた 大切なもの
       思い出すため あなたに出会えた

 あいにく これといった
 『ご自慢』のもち合わせは無いけど

         あたしって 案外
         ツイテルのかもしれない...



deni2.jpg

カテゴリー『なんちゃってポエム部屋』
の整理が滞てるなぁ><

↑ この詩も 書いたんは
もぉまる4年ぐらいは前になるやろか?

私にとって いっちゃんたいせつな作品・・.

不妊治療に疲れ果ててた頃・・
あっ、けど
“あなた”とは ダンナではないので
悪しからず... ドハハハッ
2008_09
16
(Tue)19:52

『そうしよう』

『そうしよう』


お元気ですか?
相変わらず 小説、読んでますか?
映画、観てますか?

酒・煙草の好きな旦那さんは
今もやはり 断てずにいますか?

今どこで暮らしているのですか?
生まれ育ったふるさとへは
もうもどっているのでしょうか?


  未来の自分あてに書く手紙に
  何て陳腐な質問ばかり......


きっとかわらずにいると 錯覚してる

笑っちゃうね、自分ながら…


年を重ねて 
どこかを痛めてるかもしれない..
大切にしたい人がいなくなってるかも..
ひょっとしたら
世の中の仕組みが てんで変わってて
ついていけない私は お出かけできずにいるかも..


心配しだすときりがない

だから やっぱり空想の中では 

今よりちょっとばかり老けてはいるものの
変わらぬ暮らしを夢見よう



      うん、そうしよう。。。

muji0117m.jpg
2008_09
04
(Thu)18:05

『しあわせのsimulation 』

“しあわせのsimulation ”


こんなドキドキ、いつ以来だろう?

すっかり大人になりすぎた今。
指折り数えて待ちわびた
      幼い頃の記憶にも似て...

沈丁花の香りに包まれ
大空に舞い上がった風船に
自分の想い、重ねてた。

そのやわらかなほほえみに
どう答えればいいのかわからないけど

ただただ あなたに会いたくて...

もうすぐ、
会いにゆきます。

    
        2005.04.04書
Coolpix0097.jpg