fc2ブログ
2013_09
30
(Mon)16:47

石田徹也氏

毎週録画してるNHK『日曜美術館』。
昨日の放送でとりあげられてたんは
石田徹也氏・・

もぉ、 なんかぁ、、 
心  わしずかみにされたわっ。。。

2005年に踏切事故で亡くなってはるんやけどぉ...
生きてはったら現在39歳やから
その当時は わずか30を過ぎたとこ...
自殺説も指摘されてるらしぃ><

図書館に彼の遺作集が所蔵されてたから
速攻予約も入れた^^
実際手にしてから
また感想等、ここでちょっと触れたいと思う。

現在足利市立美術館
『石田徹也展 ――ノート、夢のしるし』開催中・・
10月27日までやったはるんやけどぉ
もぉわたす、むちゃくちゃ見に行きたいっ!!!


絵の中の悲しそうな男性は
石田氏にそっくり、ってか 彼自身・・
生きることの辛さ、悲しみ、虚無感、みたいなものんが
一見、ユニークさとして描かれてることで
よけいに何重もの苦しみを想像させる。。。

続きを読む »

スポンサーサイト



2013_09
27
(Fri)22:21

『まつりちゃん』

maturityan.jpg

岩瀬成子(いわせ じょうこ)さんの
『まつりちゃん』・・読了^^

これまた初読み^^

図書館の児童書コーナーぶらぶらしてて^^;
何気に手にとってみた1冊なんやけどぉ...
良かったよぉ~っ♪


タイトルにある“まつりちゃん”って
5歳の女の子で
もちろんこの小説の要となる登場人物なんやけど
はっきりとこの子が主人公・・
っていう登場の仕方やないし、
んー、、、 ちょっと不思議な物語構成^^

終盤、このまつりちゃんが話す
ひとことひとことが

きゅんきゅんして

泣ける。。。

厳しい現実にもまれながら暮らす大人たちは
もちろん大変ではあるんやけどぉ
その近くにいる幼い子どもたちの
いたいけな姿に
なんかねぇ...
胸がキューっとなるよぉ。。。

ひさしぶりに 心ん中に残る
物語の登場人物に出会えたよ♪
“まつりちゃん”・・
どうか幸せに育ってほしい。。。


何でもこの作家さんといえば、
ビートルズが日本にやって来た時のことを
14歳の女の子の視点から描いた『オール・マイ・ラヴィング』
っていう小説が
書評家さん達の間ですんごい話題になったんやってねぇ...
この本も見つけたら是非とも読んでみたいと思う^^v
2013_09
25
(Wed)18:52

NHK報道番組内で...

sosititi.jpg
sosititi2.jpg
sosititi3.jpg

毎朝 はよぉからやってるNHKの報道番組内で
~映画『そして父になる』主演の
   福山さんにインタビュー!!!~ってコーナーが
突然始まってぇ...

もぉ びっくりぃ~っ♪

時間にしたらほんのちょこっとやったけどねぇ

これまで天才博士とか坂本竜馬とか 
すんごいキャラの立った人物たちになってきたのに
ごくごく普通~の
組織に勤めてるサラリーマンに見えるんか、
結婚もしてないし子どももいないのに
父性を表現できるんか......
ってことが めちゃめちゃ心配やったみたいやねぇ^^


第66回カンヌ映画祭審査員特別賞受賞作品の公開が待たれるぅ♪


sosititi4.jpg
      sosititi5.jpg
   sosititi6.jpg
        sosititi7.jpg
  sosititi8.jpg
         sosititi9.jpg
2013_09
25
(Wed)17:07

『ダリアの笑顔』

darianoegao.jpg

椰月美智子さんの
『ダリアの笑顔』・・読了^^

ふふっ、楽しかったよぉ^^

「ダリアの笑顔」
「いんじゃないの、40代」
「転校生」
「オタ繊 綿貫係長
・・・の連作短編集構成。

長女=小6の真美 ⇒ 母=春子 ⇒ 
     長男=小5の健介 ⇒ 父=明弘
の 綿貫家の家族1人ずつが主人公のお話4編・・

どこの家庭でも見られるような些細なエピソードの積み重ねで
これっちゅーて
何か突飛な出来事が起こるわけでもないんやけどぉ
読んでて全然退屈やないし
むしろ どの章を読んでも
それぞれに共感できる部分が一杯あって...

“家族ってこういうもんなんちゃうかなぁ”
っと ほっこりする1冊。

おススメ!!!
2013_09
24
(Tue)19:01

とにかく無事で...

5471.jpg


明日12:10発の便で 
姪っ子が半年間の留学に行ってしまう...

こないだの 前撮りも
そのためやったんやけど...

いくら治安のいい地域といえど
こないだ3人の学生が殺傷された大学に行くらしぃ...

ナイフや銃があたりまえのように氾濫してる社会。

日本も 最近は
どこでどんな悲惨な事件が起こるか
わからんような時代やけど
それでも世界の中では断然安全な国。

なんぼ心配でも おいそれと
ちょっと様子を見に・・などと
気軽に行ってやれる場所でもなく

おばバカのわたすは 明日から 
心配で不安な日々が半年も続くかと思うと
なんか気がおかしぃなりそう.........><

けど “留学”ていう
貴重な体験を積んでくれること自体には
大いに大賛成!!!

おばちゃんは 毎日 ひたすら無事を祈り 
ひと回りおっきぃ成長して
元気な姿で帰国してくれることを心から願うばかり。。。


いっちょいで!!!

2013_09
21
(Sat)08:25

『タルト・タタンの夢』

tarutotatan.jpg

近藤史恵さんの

(コンドウフミエ)1969年大阪市生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒。
93年、『凍える島』で
第4回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。
人間心理の機微を描く筆力には定評がある。
著書に『ねむりねずみ』『ガーデン』
『モップの魔女は呪文を知っている』
『ヴァン・ショーをあなたに』など多数。
2008年、『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞を受賞。


『タルト・タタンの夢』・・読了^^

「タルト・タタンの夢」
「ロニョン・ド・ヴォーの決意」
「ガレット・デ・ロワの秘密」
「オッソ・イラティをめぐる不和」
「理不尽な酔っぱらい」
「ぬけがらのカスレ」
「割り切れないチョコレート」

の連作短編集の構成。
読みやすいし めっちゃ美味しそう...♪

フランス料理の知識なんて わたすの場合
全く皆無なんやけどぉ^^;
お話の流れで なんとのぉボヤンッと
どんなふうな感じのお料理なんかの説明も出てくるし

わからんなりにでも
こんなスタッフたちのいるお店なら
いっぺん足を運んでみたいと思う^^

下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。
風変わりなシェフのつくる料理は、
気取らない、本当にフランス料理が好きな客の
心と舌をつかむものばかり。
そんな名シェフは実は名探偵でもありました。
常連の西田さんはなぜ体調をくずしたのか? 
甲子園をめざしていた高校野球部の不祥事の真相は? 
フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか?……
絶品料理の数々と極上のミステリ7編をどうぞご堪能ください。
      【内容紹介文*東京創元社HPより拝借】


三舟シェフが お客さんが持ち込む謎を
解明していくんやけどぉ
それがまぁいとも簡単で
ホンマ  『はっ!!!』・・・って感じぃ^^

『えっ、えっ、、えーーーっ?!』
『一体何がヒントになって
   どうわかったっちゅーん???』
っていうような見事さ^^

サクッと楽しめる爽快謎解き!!
あっ、人が殺されたりはせーへんよぉ
ごくごく日常に転がってる出来事を
モチーフにしてるから安心してねっ♪

おススメの1冊!!
2013_09
20
(Fri)08:38

まんまるおっ月さぁん♪

130919.jpg

夕べは  なぁんか ひっさしぶりに
夜空を見上げたよ☆☆☆
2013_09
19
(Thu)20:10

さくらっ さくらっ♪

meiharegi.png

今日びの子は.........@@


突然届いた姪っ子からの写メ。

晴れ着姿で 俯きかげん、まるで芸能人気どり^^;

最近流行りの前撮りってやつ?!

なんかいろんなことか不可解になって行く世の中の風潮・・・



『ウチもこんなんしたかった!!!』・・・
            でやっちゅーねんっ、、、おばちゃん^^;;;
2013_09
18
(Wed)20:11

『ウララ・カップル』

urarapubu.jpg

韓国ドラマ
울랄라 부부 ウララ夫婦 
  (邦題)ウララ・カップル』
全話見終えたよぉ^^

がはぁ~っ おもろかったぁ♪

韓国では もひとつ
視聴率伸びひんかったみたいやけどぉ^^;

なんせヒロインは
韓国女優の中でいっちばん大好きな
キム・ジョンウンちゃんで
彼女らしさ全開のドラマ・・
わたすはめっちゃ楽しくめせてもうたよぉ♪ 

ダンナ役のシン・ヒョンジュンssiも
なんか  ある意味
“突き抜けた感”の超三枚目ぶり^^

結局また病気かいっ=333っと 
途中イラッとするとこもあるけどぉ^^;

とにかく 主演2人の演技力で乗り切ったドラマ^^

ラブコメ好き、ジョンウンちゃん好きには
存分に楽しめる1本!!!

1919年、京城。
独立軍の戦士チュファンは
日本人の芸者サユリの助けを受け、大事を企てる。
日本総督に飛んでいく手榴弾。
総督はかろうじて命を救い逃げる。
サユリは妾(めかけ)の子として活動したことが発覚し、
処刑される危機に陥る…。

時は流れ2012年ソウル。
チュファンとサユリは結婚12年目の
スナム(シン・ヒョンジュン)とヨオク(キム・ジョンウン)
に生まれ変わっていた。

ホテリアーのスナムは職場では完璧で優しくて繊細な男だが、
家では家父長を代表する韓国男だ。
いつも無視する夫、要求の多い姑、できそこないの義理の姉妹、
母親の苦労も知らず、日に日に反抗だけが増えていく息子に
疲れたヨオクは我慢できず、主婦ストライキを宣言する。
             【あらすじ*ワウコリアより拝借】




2013_09
17
(Tue)21:06

『下町不思議町物語』

husimi.jpg

香月日輪(こうづき ひのわ)さんの
『下町不思議町物語』・・読了^^

図書館の児童書コーナーで一目ぼれしてかりた本^^

いやぁ、良かったよぉ...
ええ大人が読んでもめっちゃ楽しめるぅ♪

ファンタジック色満載でぇ
頭ん中で映画1本見終わったような満足感^^

著者自身、和歌山生れ・大阪在住の関西人で
物語の主人公=小学6年生の直之も
べったべたの関西弁^^

両親が離婚し 今は父親の実家で暮らし 
大都会のど真ん中の小学校に通ってる。

体の成長やお勉強が人より遅れてることや
言葉の違いや家庭の事情なんかで
毎日同じクラスの耕太にケンカをふっかけられる。
けれども
やられたら倍にしてやりかえす(どっかで聞いたな^^)
むこいきの強さも持ち合わせ
女子からの人気もなかなかのもの。

家に帰っても 父親は毎晩仕事で帰りが遅く
おばぁちゃんとはまるっきしそりが合わず
居場所がない。

けど 直之がいっこうにめげへんのには秘密があって......


っと まぁ こないな感じで始まるお話・・

サクッと読めるんやけどぉ
なかなか深いもんがあって 
クスッと笑えて ホロッとさせられる。
おススメ♪


香月さん・・・
またちょっと気になる作家さん、み~っけ!!!
2013_09
16
(Mon)23:14

お見舞い申し上げます...

台風18号・・・

幸いにも 
私が今暮らしてるあたりは
それなりに雨風は強かったけれど
心配したほどのことは無く通過してくれたんやけどぉ

被害にあわれた方々を思うと 
何とお見舞い申し上げればよいのか...


地元の友達も 連絡をとってみたら
断水、停電で 
近くの橋も雨水につかってしまったらしぃ><

ダンナさんと長男君はお役所勤めで
こういう時にこそ
町民のためにと出て行かなければならないらしく
おっそろしい思いで 
家族の無事の帰りを待っている、
聞いた話からそんな彼女の姿を想像するだけでも
胸がしめつけられる......


ホンマに 最近の日本列島には
いろんな災害が次々と襲ってきて、 恐ろしい...


*余談
日曜も祝日も、こんな台風の日も
近所のクリーニング屋さんのおじちゃんは
ひたすらアイロンをかけてはる...

今月2日が祥月命日の 
ウチのおとうちゃんの姿と重なり
何べん見ても
目がしらがあつぅなって。。。


shizensaigai_typhoon.png
2013_09
15
(Sun)22:56

『キャベツ』

kyabetu.jpg

石井睦美さんの 『キャベツ』・・読了^^

結構期待して読んだんやけどぉ…

ホワンッとして優しい世界観ではあるけどぉ...

だから一体何を伝えたかったんか・・・・・?????

読後、何一つ心に残らんお話やった><
2013_09
15
(Sun)20:12

『西洋菓子おだふじ』

shop01_06.jpg
odahujigaikan.jpg
odahuji.jpg

前を通りかかった時 
めっちゃすんごいお客さん一杯でビックリしてぇ@@
“え~らい人気やなぁ?! 美味しいんかなぁ?!”
って気になってたお店『西洋菓子おだふじ』・・

今日初めて行ってみたよぉ♪

ふわ卵・生チョコレート・かぼちゃプリン・
和栗と和三盆のロールケーキの4個を購入^^
全部で1,079円、CPもバッチシ^^
さっき栗のん食べてみたけど めっちゃうんまかったぁ~っ

それにしても 
客用の駐車場あっちこっち借りたはって
警備員のおじちゃんもいたはるし
中で働いたはるスタッフも何十人もいたはるし...

いっつも 
あふれかえるようなお客さんでにぎおうてる
大人気のお菓子屋さん・・

まぁ ものすんごいお菓子屋さんやわぁ

また行こっ。。。^^
2013_09
14
(Sat)21:09

☆感謝☆

0911keki.jpg
0909.jpg1309.jpg
1309b.jpg

今年の誕生日も 全国あちこちから
メッセージ、プレゼントをたくさん、
本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m

ふぅ子はまた1年、
おバカ全開で 笑進(?)・・^^ いたしますっ

皆さん、どうぞヨロチクですぅ♪


                          コマウォヨメッセ
                    
2013_09
12
(Thu)18:47

素敵フォトいただきぃ~っ♪

こないだも 何枚か綺麗な
信州の風景写真を送ってきてくれた HN:ちこちゃんから
またまた めっちゃチュテキなお写真が届いたよぉ♪


ちこちゃんより

ちこちゃんより2
          かっけぇ~~~っ!!!
                 by.あまのあきちゃん風^^ 


そしてそしてこちらはぁ↓ 
ご家族で九州を旅行中のHN:みぃー♪さんからぁ...
 

みぃさんふぉと

今にも ふわっと神様が現れそうな高千穂峡のお写真・・

雄大な自然を目の前にすると
人間のちっぽけさを実感してしまう...
家に居ながらにして 
そんな気分を味あわせてもらった^^

ちこちゃん、みぃー♪さん ありがとぉm(_ _)m           
2013_09
11
(Wed)18:59

『俺物語④』

ore4.jpg

コミック『俺物語④』・・読んだよぉ^^

ってか、、、

読みだしてすぐ思たけど
“なんか 話の展開が・・・・・・”

って、、、

“私、③・・ 読んでないやんっ><”


けど 相変わらず 猛男は猛男で...

ドハハハッ ガッハッハッハッ^^
わらかしてくれますっ♪

私も 猛男が 好きだ! 



2013_09
10
(Tue)18:27

『家族の分け前』

wakemae.jpg

森 浩美さんの
『家族の分け前』・・ 読了^^

「アジサイ」
「父の背中で見た花火」
「せめて一矢」
「ママ、みーつけた」
「神様のげんこつ」
「それでも鳥は空を飛ぶ」
「蜜柑とこたつ」
「車輪の空気」
・・・の8本の短編集。

永遠のテーマである“家族”・・

それぞれがそれぞれにいろいろな事情を抱え
一番わかりあえるはずの、拠りどころであるはずの家族が
ひとつ間違えば
他人よりもっと遠い存在になってしまう危うさ...


精神を患い仕事に行けなくなった父親、
若者が自分の望むところで正社員として働く事の難しさ、
母親が1人で幼な子を育てるという厳しさ、、、

どこにでもあるようなエピソードではあるけど
せやからこそ
誰が読んでも共感できる部分があって...

人が生きるってことは
自分1人だけのことではないんやってこと、
煩わしいことが一杯あるけど
やっぱり家族って大切やってことに気づかせてくれる。。。

私は『蜜柑とこたつ』が一番好き♪
2013_09
09
(Mon)18:57

『ラン&ハッピー』

rahakanaban.jpg

          rahakanban.jpg

今日はお友達が遊びに来てくれて
~ココロとカラダと環境に優しいカフェ~Run&Happyさんで
楽しいティタイムを過ごしたよぉ♪


ranaka.jpg
raha.jpg
raha2.jpg
raha3.jpg

スコーンセット(700円)を食べてみたんやけどぉ
これがもぉ 目からウロコのバリうまっ!!!
有機栽培の珈琲も優しぃお味で…
飲み物のおかわりも 200円と何とも良心的ッ

この7月に新規オープンしたお店で
フリータウン誌でみっけてからズーッと気になってたカフェ^^

経営者のご夫婦もすんごいフレンドリーで
このお店なら自分1人でも絶対また行けそう♪ るんっ♪♪

大好きなお友達とも会え エエお店にも出会え
幸せな1日でしたっ♡
2013_09
08
(Sun)20:02

『 藤城清治 光と影の動物園展』

130908.jpg

銀座にある教文館ってとこで開催中の
『 藤城清治 光と影の動物園展』・・ 見に行って来たよぉ^^


1309082.jpg

もちっと↓...


続きを読む »

2013_09
05
(Thu)18:56

『くれ~ぷTAKA』

taka3.jpg

今日は いつものハングルのお勉強とはちと違い
『くれ~ぷTAKA』というお店で12時に待ち合わせ^^

ランチを一緒にいただき雑談に花を咲かせ...

けれども お仲間がテキストを広げ
「ちょっとココがぁ...」ってとこから
終盤は結構しっかりと ハングルレッスンに...^^


taka.jpg
taka2.jpg

わりと車の往来のある通りではあるんやけど
お店の駐車場は無いし
ココってわかって行かんと
気づかんまま通り過ぎてまう隠れ家的存在♪
店舗の上はお店の方の居住空間になってる模様・・

オンニ(先生)とお仲間は お2人共この近くにお住まいで
ママ友の間では重宝されてるお店らしぃ^^

店内は思いのほかゆったりした造りで
レトロな雰囲気と マスター・ママさんのお人柄にも癒される...

チェーン店を思えば確かに値ははるけど
珈琲もすごい美味しい♪

楽しいひと時を過ごせて幸せ
2013_09
04
(Wed)18:10

『卵占い』

イギリスでは結構当たると評判らしぃ『卵占い』・・

「階級」「年齢」「家族構成」「仕事」「性格」と
「好きな卵の食べ方」の関係を
1,000人を対象に行ったアンケート結果と統計学を使って
割り出したもの・・ なんやとか^^

ちなみに わたすはオムレツ・・

一番好きな卵の食べ方は?
ポーチドエッグ
ゆで卵
スクランブルエッグ
目玉焼き
オムレツ


*参考*

ポーチドエッグ…【ウィキペディアより拝借】
日本語では落とし卵(おとしたまご)という。
湯の中に卵の中身のみを落として加熱したもの。
ゆで卵に比べ、調理時間が圧倒的に短く、湯の量にもよるが、
黄身が食べごろの半熟となるまで数十秒程度で済む。
マフィンの上に乗せて、エッグベネディクトにされることが多い。
また、トーストしたパンにのせたり、サラダやスープに入れたりもする。
鶏卵の調理法として、日本ではあまりなじみはないが、
アメリカではメジャーな調理法のうちの一つである。
鶏卵が一般的だが、漫画『美味しんぼ』では
ウズラの卵を使ったものが紹介されている。



結果は↓に...

続きを読む »

2013_09
02
(Mon)18:39

変えるのは...

心が変われば態度が変わる
態度が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる


こないだテレビで
小泉孝太郎君が紹介してくれたはったんやけどぉ
『野村ノート』って本の中に出てくる言葉・・


                    nomurano-to.jpg

当たり前のことのようやけど
なんか ハッとさせられてね...^^