fc2ブログ
2009_04
22
(Wed)18:23

『東京バンドワゴン』

東京バンドワゴン

小路幸也(しょうじ ゆきや)さんの
『東京バンドワゴン』読了・・^^

初めてこの作家さんの作品読んだんやけどぉ
うんっ、オモロかったよぉ^^v

なんか まだモノクロ時代のホームドラマ見てるみたいな...
ん~そうやなぁ...
脚本読んでるような感じっちゅうんかぁ(読んだことないくせに...テヘッ^^;)

読みながら
“あっ、これは西田敏行さん!これは裕也さんっ!
これはぁ、吉永小百合さんやねっ!(あっ、小百合さんはドラマには出はらへんかっ^^;) 
ってそれぞれのキャスティング考えながら読んだよぉ^^

4世代家族『堀田家』に舞い込んでくる
ドタバタなお話^^♪

“東京バンドワゴン”っちゅうんは
下町にある明治から続く古本屋さんで
堀田勘一がそこの3代目店主・・

その妻サチは他界してるんやけど
幽霊となって 今もこの家を見守ってる・・

この夫婦の間の1人息子我南人(がなと)60歳は
伝説のロッカーで
言うことすること意味不明・・

我南人の長女藍子は
“東京バンドワゴン”のカフェをきりもりしてるべっぴんさん・・
画家活動もしてはるよぉ
その藍子の娘・花陽(かよ)は小6のしっかりもん・・

我南人の長男・紺(こん)は古本屋を手つどうてる・・
その紺の妻・亜美は両親に猛反対されつつ嫁さんにきて
藍子とカフェの仕事を担ってる・・
この夫婦の1人息子・研人(けんと)は小4・・

それにもう1人、我南人の愛人との間にでけた青(あお)・・
紺とはホンマの兄弟のように仲がよぉて
めちゃめちゃイケメンで女性トラブルが多い

それから4匹の猫
玉三郎・ノラ・ポコ・ベンジャミン・・(あんま出番無かったけど^^;)


これが『堀田家』の家族構成で
その上に ご近所さんの
勘一じいさんの幼馴染やら
イギリス人の画家さんやら
居酒屋の女将さんやらいろんな人が関わってきて
頭ん中こんがらがってくる時もあった^^;;;

映画『オールウェイズ3丁目の夕日』とかが
好きなタイプの人には めっちゃウケルと思う^^
けどぉ
好っきゃないっちゅう人は 拒絶反応起こすかもぉぉぉ^^;;ダハァ~ッ

何や このお話、シリーズ化されてて
他にまだ2冊あるらしんよねぇ
機会あったら また読みたいと思う。。。



シーラブズユースタンドバイミー
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック