fc2ブログ
2012_09
05
(Wed)20:05

『ゆくとしくるとし』②

41GMQPD7RPL__SS500_.jpg

『ゆくとしくるとし』には2本収録されてて
昨日は表題作の事を書いたんやけどぉ
今日、もう1本のほうの
『僕らのパレード』・・を読み終えたよぉ^^

これまた、 っちゅーかぁ
坊っちゃん文学賞大賞受賞作の表題作より
こっちの方がよりエエんちゃうん?...って思う^^

主人公の小学生のサムの語りでお話が進んでいくんやけど
まるで長めの絵本を読んでるような
軽やかなテンポで めっちゃ心地いい!

『真夜中のパン屋さん』の大ヒットで名高い作家さんやけど
この『僕~』の中でも
天然酵母のパン屋さんのことが出てくるよ^^
大沼さんって、きっと
パン作りに関することにかなり詳しい方なんやろねぇ


『ゆくとしくるとし』もそうやったけど
とにかく 読後感がよぉて ほっこりする...

サム自身も見方によっては結構ダメダメ君なんやけど
彼の周りにいる
“生き辛さ”を背負った人たちの
頑なやった心を
ちょっとずつちょっとずつときほぐしていく...


「普通に生きる」「自分らしく生きる」って
どういうことなんやろ?!

っとか、

些細な出来事1つにしても
その人その人によって
いろぉんな見方、感じ方、受け取り方があって
どれが正しいとかまちごぉてるとか
誰にもハッキリさせることなんて出来ひんけど
そんな中でみんなが暮らしてるんやってこととか...

サラァ~ッと読み流してしまえばそれまでやけど

かなり深いことが色々と
ギュッと詰まったお話やと思う...


 
まわりの人たちを大切にしたいと想えることが
自分の幸せでもある...
そんなふうに言える人間に 私もなりたい......


このお話のキーワードは
心の森・・
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック