fc2ブログ
2012_10
20
(Sat)18:17

『漁港の肉子ちゃん』

gyokounonikukotyan.jpg

西 加奈子さんの
『漁港の肉子ちゃん』・・読了^^

続き↓...
西作品は
『しずく』 『うつくしい人』
に続き3冊目になるんやけどぉ
今回がぶっちぎりで良かったわぁ^^v

結構前々から気になってたんやけどぉ
図書館いつ行っても書棚になかってぇ
一番最近行った時
何気に西さんとこの棚見たらこれがあって@@
思わず「ラッキーッ!」っと口に出してしもたわっ^^;

いやぁ~、おもろかったぁ...
そいで、
泣けたぁ~~~っ...

表紙のウッフンな絵は
西さん自身が描かはったもんらしぃんやけどぉ...
             (多才な方やねぇ~)

なんやタイトルからしても

官能小説??? みたいな感じがするんやけどぉ
決してそうでは無いよぉ^^
 
現在 北陸のちっちゃな漁町で暮らす
“肉子ちゃん”こと母=菊子と
小学5年生の娘=“キクりん”こと喜久子の日常を描いたお話・・


大阪出身の肉子のキャラを想像するに
ウチの残念な姉と
プラス、
リアルにちっちゃな港町で暮らす伯母の姿が
どうにもこうにも
目の前にちらついてしょうがなかった^^; がははっ



未読の方には
なぁんも知らんまんま読んでいただきたい...
っと切に想う^^

かけ引き、損得勘定、見栄や嘘・・・
いろぉんな“陰”がうごめく人間関係に
心がちょっと シュンとしてる方、必読!!!

あっぽちゃんで ブッ細工で 太り過ぎの肉子ちゃんから
いっぱいいっぱい
愛と元気をもらって下さい^^

そして 物語終盤で泣かされ
著者あとがきで もっかい泣きなおし^^
その後は
幻と呼ばれる牛のミスジを探し求める旅に.........がははっ^^

おススメの1冊!!
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック