fc2ブログ
2012_12
21
(Fri)17:44

『円卓』

entaku.jpg

西 加奈子さんの 『円卓』・・ 読了^^

小学三年生の琴子は孤独に焦がれている。
なぜなら自分は、
3つ子の姉をはじめ大家族に愛されて幸せだから。
「うるさいぼけ」「なにがおもろいねん」――
平凡や幸せに反発する少女の複雑な気持ちや
成長する姿を
リズムの良い関西弁で描く!


もちっと↓...

この本の表紙の絵も
またまた西さん自身が描かれたもんらしぃ
ホンマ多才やねぇ

1冊の本を まさしく言葉どうり 
“つくりあげていく”姿勢・・、みたいなもんを
すごい強ぉ感じる方やねっ

タイトルを 『円卓』 とつけた感覚も
わたすはすんごい素敵やと思う^^

内容?
ん~、どっかなぁ??? 
私は嫌いやないけどぉ 
めっちゃわかれるとこ、かなぁ?!^^;

主人公は “こっこ”こと小3女児の琴子。
俗に言う不思議ちゃんタイプになるんかな?

彼女の目線、物事の解釈が
なかなかどうして...

たった8年しか生きてない主人公が感じてることって
随分年を重ねた私も感じることで...

『言葉』っちゅーもんをつこて人に伝えるわけやけど
ホンマのホンマのとこって
実は 言葉にでけへんとこにあるんとちゃうやろか?!

もやもや... 
なんか こぉ もやもやぁっとした...
心の奥底のもんを
なんてことのないちっちゃいちっちゃい出来事を
コツコツ積み上げていく作業の中で
押しつけがましくなく
読み手に伝える...

西さん自身を
こっこに投影したはるようにも思う。。。

*注意*
『うるさいぼけ。』という
きったない関西弁が しばらく耳につくかも... だははぁっ^^;
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック