fc2ブログ
2013_02
01
(Fri)20:02

『旅屋おかえり 』

tabiyaokaeri.jpg

原田 マハ さんの
『旅屋おかえり』・・ 読了^^

もちっと↓...

もぉ、最高~~~ッ!!!

原田さんは、
なんてエエお話を書かはるんやろぉ...

笑わせてぇ... 泣かせてぇ... 
読者も一緒に あちこち旅をさせてくれはる...

それぞれ個性的ではあるけど
救いようのないワル役が出てけぇーへんとこも
私は好きっ^^

登場人物のキャラがたってるんは勿論、
話の構成が ホンマに素晴らしいと思う...

非現実的過ぎる出来事が起こるわけでは無いんやけど

“えっ、そういくかっ@@”
っと(エエ意味で)予想を裏切る話の展開に 
何回も驚かされる^^

旅に出た先々で出会う人たちにまつわるエピソードも
下手したら
かえって煩わしいもんになりそうなとこやけど
これが何とも相乗効果で...

きっと 原田さん自身、
ご自分が旅される中で 
数々の素敵な出会いをされてるんやろぉなぁ
っと彷彿させる...

主人公=“おかえり” こと“丘えりか”の
『旅』にたいする思い入れの深さは
まんま 原田さんの思いなんとちゃうやろか...

  ~出かける... ただそれだけで意味がある~
  ~「おかえり」と言って
     迎えてくれる誰かがいることで旅が完結する~


読んでると 
どっかに出かけてみとぉなるし
あと 原田さんのお話は
今の自分があるんは
まわりで大事に見守ってくれたはる人がいるからなんや
ってことに気づかされ 
感謝せずにはおれへんようになる...

根底にいつもあるんは
人と人との縁、相手を思いやる気持ち、
たとえ不器用でも自分の信じた道を歩く前向きさ...


人それぞれ好き嫌いがあるから
「そんなうまい話…」っと嫌がる読者も
勿論いたはるやろぉけど
私は
人との繋がりが希薄な現代やからこそ
人の心を救えるんはやっぱり人、なんやって思わせてくれる
原田さんのようなお話が
大切なように思うな。。。


この小説、いつか映画化されるんちゃうかなぁ?!


            
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

「キネマの神様」で原田マハさんを知り、ぼくもこの本を即買いしました。

忙しくて、まだ読んでいないのですが。

最近、うちの親が「とんび」という日曜ドラマを録画して見ており、
一緒に見てみたら、けっこう面白いです。

重松清さんの原作も、読んでみたくなりました。

2013/02/01 (Fri) 22:01 | 朝 #JHoD4x3g | URL | 編集 | 返信

Re:

そうなんですねぇ?!
『旅屋おかえり』・・マジ良かったですよぉ
こうご期待っ!!^^

『とんび』は
去年NHKで 2週にわたって放送された
堤真一さんがヤスの役してたのも見たんですが
今オンエア中の内野さんも すんごいエエですよねぇ^^

このお話は
まさしく重松さんの真骨頂って感じですよねぇ?!
私も大好きですっ♪
自分の父親と重なるとこもあったりして...^^

2013/02/02 (Sat) 09:31 | ふぅ子 #- | URL | 編集 | ふぅ子さん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック