fc2ブログ
2013_02
13
(Wed)21:12

『猫丸先輩の推測』

nekomarusenpai.jpg

倉知 淳 さんの
『猫丸先輩の推測』・・読了^^

これまた初読みっ

もちっと↓...


うんっ、おもしろかったぁ 
楽しまさしてもうたよぉ^^v

表紙や お話の途中で出てくるイラストは
唐沢なをきさんって方が描いたはるみたいんやけどぉ
これもめっちゃきゃわいい♪


nekomaru1.jpg nekomaru2.jpg

長編1冊と短編集4冊の計5冊ある
『猫丸先輩シリーズ』の中の1冊の短編集を
私は今回読んだみたい^^

『夜届く』
『桜の森の七分咲きの下』
『失踪当時の肉球は』
『たわしと真夏とスパイ』
『カラスの動物園』
『クリスマスの猫丸』
…の6本が収録されてるよぉ

タイトルにもあるように 推測!!
推理!!… では無く 推測!!ねっ^^

せやから 
殺人事件が起こって、それを見事解決してしまう...
ってなミステリーではなくって
全然人が死んだりするわけでもないし
100%間違いなくそれがご名答~っ!...
っていうわけではないんやけどぉ

“なぁるほどなぁ~、
   そう考えりゃ確かにツジツマが合うよなぁ”
っていう考え方を 猫丸が推測する、ってお話^^


例えば1本目の『夜届く』ってお話は...

寒い冬の夜遅くに
猫丸先輩の後輩=八木沢君宅に 突然
病気とか よぉない内容の電報が数回届く。
慌てて実家に問い合わせるも
全くそんな気配は微塵も無い。
ある日 部屋の風呂が故障して焚けず
近所の銭湯に行くと
自分と同じめにおうてるおじさんに遭遇・・
その事を猫丸先輩に話したところ
何とも爽快な推測談を始める.........


最後の『クリスマスの猫丸』やと...

クリスマスイブの夜 八木沢君が
猫丸先輩との待ち合わせ場所の喫茶店の中から
ボーッと外を見てると
サンタクロースの格好をした人が3人も
5分間隔くらいで
同じ方向へ全速疾走で駆け抜ける様子を見たと
後から来た先輩に話したところ
これまた 「それは多分こういうことだと思うよぉ」っと
いとも簡単に 
浮き立ったクリスマスムード全開の通りを
全速力で同じ方向向いて駆け抜けるサンタさんたちの謎を
推測してしまう.........

ってな感じ^^


言われてみれば 
なるほどなぁ...っと思うんやけどぉ
ちょっと風変わりな外見とは裏腹な
柔軟な頭の回転の速さに感心しきりッ^^

本格派ミステリーを望む方には
きっと全然物足らんやろぉけどぉ^^;
気楽に読めて最高に楽しめる1冊かと^^

それからぁ
全編に 猫愛があふれてて
“著者=倉知さん自身、絶対にねこちゃん好きなんやろなぁ”
って感じさせる^^

同じシリーズの他のんも
また是非読んでみたいと思う。。。
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック