fc2ブログ
2014_01
26
(Sun)20:30

『アミューズメント・ホスピタル』

amh.jpg

朝丘大介さんの
『アミューズメント・ホスピタル』・・読了^^

いつも このブログに
アクセス、コメント下さる“朝さん”の新刊♪

いやぁ~、、、
本当におめでとうございますぅ☆☆☆
そしてお疲れ様でしたぁ。
楽しませてもらいましたですよぉ♪


舞台は音原(ねはら)大学附属病院。
救急指定を受けた総合病院。

岡本久仁子という女医の 7歳の息子が
車にはねられ命を落としてしまうという
悲しいシーンから物語が始まる。

っと言うとぉ
きゃわいい表紙とは全然違う
暗いお話かと思いきや、
これが そうでもないっ^^

確かに ちょっと
不気味なとこもあるにはあるけど

登場人物それぞれが
一筋のほのかな灯りを確かに見つけて
ラストを迎えることで 
読んでるものは救われる^^

病院で働くスタッフたちや
個性の強い入院患者たちが繰り広げる
珍事件の連続^^

その1つ1つのエピソードの中に
「いじめ」であったり「虐待」であったり
「偏見」であったり・・・
著者が 日頃
自分の中で気に留め考慮されてるのであろう
人間の闇に対するメッセージを
くみ取ることが出来る...

若年層から高齢者まで、
幅広い年齢層が楽しめる作品になってると思う。

おススメ!!!
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

「アミューズメント・ホスピタル」を読んでいただき、
どうもありがとうございますm(_ _)m


たぶん、一般読者では、ふぅ子さんが日本でいちばん最初に
読まれた方ではないでしょうか。


「幅広い年齢層が楽しめる」って、最高の賛辞ですね。

嬉しいです。

ぼくは、ジョージ・ルーカス監督や中島らもさんといった、
「エンターテイメントの巨匠たち」の洗礼を受けていたので、
書くときは、

「子どもからお年寄りまで」

を意識するようにしています。

タキさんのダジャレは、うちの老母がほんとうに言ったダジャレですよ(笑)


閑話休題。

「お日さんの匂い」にお邪魔するようになって、もう五年が経つのですよね。

ふぅ子さんが九州の図書館で、たまたま「オレンジ病棟」を読んでくださり、
レビューを書いてくださって…。


森絵都さんも、原田マハさんも、^ ^ ←この顔文字も、
みんな、ふぅ子さんから受けた影響です。

これからもヨロチクですm(_ _)m

2014/01/26 (Sun) 23:59 | 朝 #JHoD4x3g | URL | 編集 | 返信

Re:

がははぁ^^ そうなんですかぁ@@
あのタキさんのなぞかけのシーンは、、、
そういうことやったんですねぇ?!

私、登場人物の中で
タキさんのキャラが結構好きですよぉ♪

あっ、内容的な点で言うとぉ...

理不尽ないきさつで 顔に大きな傷を負い
人格が変わってしもた彼が
理詰めで、実際にいるとちょっと苦手かな?・・
っと思う彼女に受けたアドバイスで
いっぺん閉ざしてしもた心を もっかいオープンにして
以前より増して 素敵な青年に成長していった過程が

物語の中で一番好きなストーリーです♪

**********

そっかぁ... 
もぉ5年になりますかぁ...
こちらこそぉ ヨロチクですぅ♪♪♪^^v

2014/01/27 (Mon) 08:36 | ふぅ子 #- | URL | 編集 | ふぅ子さん">返信


ふぅ子さんは、シマモトくんのエピソードが
お好きなのですね^ ^

さすがはイケメン好きぃ~(笑)

あのエピソードは、「オレンジ病棟」のパターンを使っています。

大切なもの(オレンジ~では髪)を失った主人公が、モテるために
必死で特訓するという…(笑)

ぼくは、放射線科、歯科、それにタキさんのエピソードが気に入って
おります。

女性キャラは、自分のタイプの女性ばかりを登場させているので、
書いていて楽しかったです。


閑話休題。
きょう、書店でものすごく読んでみたい本を発見。

椎名誠さんの「殺したい蕎麦屋」

往年の中島らもさんを彷彿とさせるタイトルに
惹かれました。

2014/01/28 (Tue) 22:15 | 朝 #JHoD4x3g | URL | 編集 | 返信

Re:

“放射線科”っというとぉ
あの『無類さん』の
胸の中にいる神様・・のお話ですね?!
うんうん^^私もあの件、 好きですよぉ♪

「殺したい蕎麦屋」・・
図書館にあったんで(貸し出し中ですが)
今早速、予約入れてきましたぁ^^

2014/01/29 (Wed) 07:48 | ふぅ子 #- | URL | 編集 | ふぅ子さん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック