fc2ブログ
2014_02
17
(Mon)20:20

『かけら』

kakera.jpg

青山七恵さんの『かけら』・・読了^^

第35回川端康成文学賞受賞作品で
表題作以外に
『欅の部屋』『山猫』・・の計3本の短編集。


どれも なぁんか
ぼやぁ~っとした印象のお話でありながら
それでいて
筆力の強さを感じる情景描写の巧みさ・・・


3本全部に共通して感じたんやけどぉ
主要人物の中に 
一体何考えてんのんかわっからん人が1人いて
めっちゃモヤモヤするんやけどぉ
せやからこそ 
“何なん?何なん?”っとひきつけられるとこがあって^^


なんか この作家さんって
ホンマ独特の個性があるなぁ。。。

家族全員で出かけるはずだった日帰りのさくらんぼ狩りツアーに、
ふとしたことから父と二人で行くことになった桐子。
口数が少なく、「ただのお父さん」と思っていた父の、
意外な顔を目にする(表題作)。

結婚を前に、元彼女との思い出に
とらわれる男を描く「欅の部屋」、

新婚家庭に泊まりに来た高校生のいとこに
翻弄される女性の生活を俯瞰した「山猫」。
           【新潮社HPより拝借】


あらすじを端的にっとなると 
確かに ↑...こういうことになるんかもしれんけどぉ

父親の意外な顔、っちゅーったって
思い出にとらわれる、っちゅーたって
いとこに翻弄される、っちゅーたって
別段そないに
たいそな事が起こるわけやないっす^^;
スポンサーサイト



«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック