fc2ブログ
2014_10
07
(Tue)12:14

金貯まらず石溜める

いっやぁ~っ 
夕べは まいったまいったぁ~~~っ^^;

ダンナ帰宅するなり
「○○!!(私の名前) 頼む! 病院連れってくれ!.........ウッ......」

右横っ腹をおさえて 
激しい痛みに のたうちまわるダンナ・・

晩9時半頃。

“こんな時間でも受け入れてくれるんはあっこぐらいやろ”
っと思う病院を目指し 
急いで車を走らせる道中、
こういうことで今そっちにむこてるからどうか頼むと電話するも
あえなくバッサリ拒否ッ><

『ココまで来てもらって診察しても
緊急オペが必要な状態であった場合
その対応ができない環境にあるので...』
っというのが その理由。

実際私が電話入れるちょっと前に
50代の男性が駆け込んでくるも
今、うちでこれ以上の対応ができないと
出て行ってもらったとこなのだという.........

しょうがない... 119に電話。

とにかくそれ以上 車で先へ走るのはやめて
どこか少しでも広い場所を探して停車し
救急車の到着を待つようにとの指示。

町の公共施設駐車場に入ることにすると伝え
しばし 待つ。

この間、ダンナは 腹の激痛に加え
嘔吐すること3回。
夕食はまだとっておらず
たいして胃には何も残ってないはずやのに...


せっかく救急車が来てもなかなか発車できず><
受け入れてくれる病院探しに手間どる><

これがもっともっと
見るからに瀕死の状態やった場合、
こんだけ受け入れ先探しに暇がかかって
助かるもんも助からんような事態が起こらんのやろか?
っと この身を持って恐怖体験><


おいでと言ってくれる病院が見つかり
レントゲン、CTを撮り 当局医診断の結果、

尿路結石・・ 

坐薬と注射の処置を受け
痛みが落ち着くのを待ち
夜中帰宅。


今朝、元気を取り戻したダンナは
いつもどうり出勤・・・



あの小さな石は 
何処へ行ったのでしょうか?

                                   hospital_003l.gif
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

患者のたらいまわし、実際にありますよね。

ぼくが交通事故で全身六か所の骨折と脳挫傷を負ったときも、
あまりにも状態がひどくて富良野の病院では受け入れて
もらえず、救急車で旭川まで行ったそうです。

ご主人、お体お大事に。

2014/10/08 (Wed) 20:52 | 朝 #JHoD4x3g | URL | 編集 | 返信

Re:

おぉ、、、
そやったんですかぁ朝さんっ@@;

こんだけ世の中が発達してるっちゅーのに

なぁ~んか
人間の命に関わる肝心要なとこで

日本って

めちゃめちゃ遅れてる感がしますよねぇ……><

もっともっと、 
普段の、普通の、 くらしの中で起こりうる
不安感への対処方法は 
無いもんなんですかねぇ...

2014/10/09 (Thu) 08:06 | ふぅ子 #- | URL | 編集 | ふぅ子さん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック