fc2ブログ
2014_12
01
(Mon)21:30

蠍座の2015年~2017年の風景by.石井ゆかりさん

2012年頃から、「ひとりで物事に取り組む」状態が続いていたのではないかと思います。

これは、ひとりぼっちにされるとか、孤独になるとかいう意味ではなく、
周囲にたくさんの人がいてもどこか「甘えられない」「自分と同じ立場で動く人はいない」
「人に余計なお節介をされたくない、独力でやり遂げてみたい」といったような気迫が、
あなたのなかに常に充満していた、ということです。

パートナーとともにありながらも、「私は私」という気持ちになったり、あるいは、
仲間や身近な人を守るために孤軍奮闘してきた人もいるかもしれません。

なかには、過剰なほどに「人に甘えたくない、独立独歩で行きたい」という気持ちが強まり、
他者との関わりをあえて希薄にしていた人もいたはずです。

2015年は、そんな「ひとりで歩く」状態から解放されるタイミングに当たっています。

肩に入っていた力をふうっと抜いて、外界に広がる人間関係の海のなかに、
勢いよく飛び込んでいけるような状態になるのです。

2012年頃からいまに至るまでは、人と関わるときにもなんとなく自信が持てなかったり、
自分に対してダメ出しばかりしてしまっていたかもしれませんが、
2015年からは自分の欠点やミスなども受け入れやすくなっていきます。
自分への「点の辛さ」が緩和されると、自然に、人間関係はゆたかな広がりを増していきます。
人を受け入れ、許すことが容易になるからです。

2015年夏から2016年秋は特に、「仲間」を得る時期となっています。
組織のようなガチガチした関係ではなく、フラットな社会的広がりのなかに自分の居場所を見いだせます。
親友と呼べる相手に出会えるかもしれません。
ボランティア活動に携わるなど、仕事や遊び以外の場に立って、
もうひとつの「社会的な顔」を持つ人もいるでしょう。
人間関係がかつてよりバラエティに富んだものになっていくような時期です。

2015年4月から5月半ば、2017年3月中旬から4月中旬は、人間関係に「熱」がこもる時期です。
刺激的な出会いが訪れる一方で、タフな交渉事が発生する可能性もあります。
ストレートな自己主張とブレない態度により、のぞましい着地点を見いだせるでしょう。

また、この時期は不思議と「嫌いな人」が目につきやすいかもしれません。
それは、自分のなかにある何事かを他人のなかに、鏡像のように見いだしている状態です。
相手の欠点を許したとき、自分の内なる痛みが消え去るような場面もあるでしょう。

2015年3月半ばから4月半ば、2016年4月末から5月、2017年6月から7月頭は、
人間関係にあたたかな光が射し込む時期です。
好意のこもったやりとりを交わし、人との関わりを育てていけるでしょう。
パートナーシップも愛に溢れたものとなります。

スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック