fc2ブログ
2015_07
20
(Mon)17:24

『家族スクランブル』

kazosuku.jpg

星新一の孫弟子=田丸雅智さんの
『家族スクランブル』・・ 読了^^


いっやぁ...
最近とぉんと読書力が急激に低下してて><

“このままじゃぁイカンッ=333” っと
常々気にはなりながらも...

そんな中、ホンマにひっさしぶりに1冊読破ッ!!!

ここ最近気になってる作家さんの最新刊本。
田丸作品は『海色の壜』に続くこれが2冊目。

本書も ショートショート集。

『家族スクランブル』っちゅー作品があるわけやなく
 

  隣のランタン  干ガキ  カエルガム  母の米  歯並び
  白妻、黒妻  惑星(ほし)釣り  涙魚  日光傘
  箪笥のこやし  湯手品  お馬さん  風男  吸血木
  常秋(とこあき)  幸茶(こうちゃ)  おいらんちゅう  鳩の箱 


っていうタイトルの 
それぞれ家族にまつわるお話18本が収録されてる。

そのほとんどがファンタジックで
なんでか、ノスタルジックでもある。

1本が ほんの何分かあれば読める短さやから
ちょっとした合間合間にもってこいの構成かも^^

ここアクセスすると 2本 (⇒クリック) ためし読み
がでけるよぉ
ご興味ある方はどうぞですぅ♪

自分の大切な思い出を小さな世界に閉じ込めて、(うまくいけば)自己満足の範囲を超えて
誰かに伝えることができるのですから、作家というのはやみつきになるのです。
この本の中から、みなさにとっての好きな作品がひとつでも多く見つかりますように。
そして、この本を通して、みなさんの心の中の家族に、まつわる思い出たちが、
よりいっそう輝きを放ちはじめますように。
          【著者あとがきより一部抜粋】


ちなみにわたすは
常秋(とこあき)  おいらんちゅう  が好き♪


“一体どないなってんねやろ???” っと
著者の頭ん中を見てみたい衝動にかられる
奇想天外な想像力から生まれたお話たち。

現実だけが世界の全てやないかもね...
っと思わせる楽しい1冊!!
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

「家族スクランブル」、時間ができたら、必ず読んでみますね。

ショートショートなら、読みやすいですし。

最近は日本語のレトリックや接続詞の使いこなし本とかを読んでいます。

2015/07/20 (Mon) 20:21 | 朝 #JHoD4x3g | URL | 編集 | 返信

Re:

朝さんも読まれましたら 
また 感想聞かせて下さいねぇ♪

>レトリック・・・ 
人にわかりやすく自分の思いを伝えるって
はなし言葉にしても文章にしても
ホント難しいことですよねぇ^^;

ファイテイン!!!

2015/07/21 (Tue) 21:05 | ふぅ子 #- | URL | 編集 | ふぅ子さん">返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック