fc2ブログ
2015_09
06
(Sun)20:51

『ナイルパーチの女子会』

51W7u1F-K1L__SX346_BO1,204,203,200_

柚木 麻子さんの
『ナイルパーチの女子会』・・読了♪

続き↓...





まずは、
久しぶりに 小説1冊読破でけたことが何より嬉しい^^

この本は ちまたでかなり人気らしく
私の後にも図書館利用者の予約が一杯入ってて
貸出期間の延長が許されへん^^;
あと3日後に期限が迫ってる故
明日になればまたきっと1ページも読めへんやろぉっと思い
昨夜から今日にかけて必死のパッチで読みふけった。

何でもこの小説は
“すぐれた物語性を有する小説・文芸書に贈られる文学賞である”
ところの
第28回 山本周五郎賞を受賞されたとか。

女子会、主婦ブロガ―と愛読者・・・
まさに今どきネタをキーワードに描かれた
女性目線ドストライク小説^^


そもそも タイトルにある『ナイルパーチ』って
         

         スズキ目アカメ科アカメ属の淡水魚。
         淡白な味の食用魚だが、他の種を食べ尽くし、
         生態系を破壊するほどの凶暴性を持っている・・・・・


魚のことで

主人公=栄利子が 勤務する大手商社で
その仕入れ等を手がけてた魚でもあり
作中登場する女性たちになぞられてもいる。



“ホンマにそんな極端な人って現実におるんかいな?!”
て言うぐらい、
わたすの感覚からは想像つかへん
奇怪な思考回路を持つ女性達が登場する^^;

世間に溢れるトレンド情報的なもんに影響されて
イマドキ女子はこうでなきゃ...
みたいなことに とらわれ過ぎる女性たちへの
警鐘のようなお話にも感じる...

同性の友達が一杯いてやなアカン、、、
っていうきまりなんか何処にも無いし
友達関係ってこうあるべきっていう正解もない。
1人でいる事が間違いでもないし恥でも何でもない。

とかく頭デッカチな現代人は
もっと動物的感覚みたいなとこで
日々暮らしていってもええんちゃうん?! 
っと 
わたすなんかは思うんやけどぉ.......^^;

丸の内の大手商社に勤めるやり手のキャリアウーマン・志村栄利子(30歳)。
実家から早朝出勤をし、日々ハードな仕事に勤しむ彼女の密やかな楽しみは、
同い年の人気主婦ブログ『おひょうのダメ奥さん日記』を読むこと。

決して焦らない「おひょう」独特の価値観と切り口で記される文章に、
栄利子は癒されるのだ。その「おひょう」こと丸尾翔子は、
スーパーの店長の夫と二人で気ままに暮らしているが、
実は家族を捨て出て行った母親と、実家で傲慢なほど
「自分からは何もしない」でいる父親について
深い屈託を抱えていた。

偶然にも近所に住んでいた栄利子と翔子はある日カフェで出会う。
同性の友達がいないという共通のコンプレックスもあって、
二人は急速に親しくなってゆく。

ブロガーと愛読者……そこから理想の友人関係が始まるように互いに思えたが、
翔子が数日間ブログの更新をしなかったことが原因で、
二人の関係は思わぬ方向へ進んでゆく……。
        【文藝春秋BOOKS作品紹介文拝借】


柚木さんと言えば
私は『ランチのアッコちゃん』が好きやけどぉ
それとはちごて少々重たいお話。

でも 相変わらず
女性の心理描写は素ッ晴らしく巧み♪

キャラもすごいたってるし
これまたひょっとして 映像化されるんやないやろか???
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック